中国の移植医と保健担当官の招聘・訪問についての所見

日本向けに特別に書き直された原稿です。   中国の移植医と保健担当官の 招聘・訪問についての所見 デービッド・マタス   中国の移植医や保健担当官は、国際的なつながりや協力体制を確立し維持していくことに尽力してきました。彼らは、日本での会議に参席し、日本の大学で講演し、日本の病院と協力してきました。また彼らは、日本の移植医や保健担当官が中国での会議に参席し、中国の大学で講演し、中国の病院と協力するように、招いています。 中国の移植医・保健業務に携わる者は、これらのつながりを利用して、臓器移植濫用が続けられているという証拠を否定してきました。自分たちが否定する証拠に直面したり回答したりしなくてよい場を設定しています。 多くの人々がこのような一方的なもてなしに異議を唱えています。これらの異議に対して、一方的なイベントは次々と正当化されています。彼らの主張する正当性に対する所見を述べたいと思います。   1) 彼らの主張する正当性 学術的なイベントを意図して主催している。中国の保健担当官や移植医は、現在のデータや現在の経験に基づく学術的なプレゼンテーションを行っている。 私の見解 中国共産党は積極的にとりつくろいます。無実の人々の血糊に染まった手を、国外の無実の人々をだますことで洗おうとします。中国の移植医と保健担当官は、長年に渡り中国共産党のプロパガンダを作り上げ、繰り返してきました。プロパガンダが変わると、自分の意見も都合の良い方向に変えるため、発言も矛盾しています。中国人が招く人(ゲスト)や中国人を招く人(ホスト)がこのプロパガンダの形成に積極的に関わるのなら、学術的なイベントとは言えません。   2) 彼らの主張する正当性 私のように臓器移植濫用を調査する者は、係争的で根拠のない政治的な主張をくりかえしている。 私の見解 中国共産党のスポークスパーソンが、国外のホストやゲストは学術的で、真面目に学術調査を行ってきた者を政治的な根拠のない主張をするだけと片付けることは、現実を否定することになります。私や他の者による調査の学術性は、抄録の検討後に受け入れられる幅広い学術会議での発表が受け入れられている事実、刊行物、大学での講義の招聘からも示されます。 私たちの調査には政治的な動機づけがあるという国外のホストやゲストの主張は、中国共産党のプロパガンダと重なります。また、中国共産党も、臓器移植濫用への批判には法輪功の政治的な動機があると語ります。 法輪功の学習者が、中国で自らが対象となっている人権侵害に反対することは事実です。しかし、人権は政治的なものではなく、普遍的なものです。   3) 彼らの主張する正当性 中国で無実の良心の囚人が臓器のために殺害されていることを懸念する者は、EU議会や2016年6月の米公聴会のような中国を譴責する政治的イベントに参加している。 私の見解 いうまでもなく、中国での移植濫用に関する私どものような独立調査に関心を寄せる政治家も、数は限られていますが存在します。これらの政治家が関心を寄せていることが我々の活動を政治的なものにすることはありません。   4) 彼らの主張する正当性 国外のイベントに招かれたり、国内のイベントを主催する中国の高官や専門医は、制度の改革に努めている。 私の見解 証拠を提示することなく、明らかに政治的な意図から、中国共産党は我々の調査の帰結を拒絶しています。しかし結論にいたるまでの証拠はほとんど中国の公式データを基盤としています。例えば2016年の報告書に記載した2400の注釈のうち、2200は中国政府による公式数値をもとにしています。 中国政府の声明に示されている、中国のホストやゲストが中国での臓器移植濫用に関与している事実は、深い問題です。例えば、黄潔夫・元衛生副部長がフェニックス・テレビでインタビューされたときの抜粋が、ifeng.comに2015年1月に下記のようにポスティングされました。 「記者:処刑された囚人から臓器を摘出した経験はおありですか? 黄:一度、行ったことがあります。摘出はしませんでした。それ以降は行きたいとは思いませんでした。私は医師です。生命を尊重し、患者を助けることが、医師の道徳の最低基準です。聖なる場所で行なわれるべきことです。そうでなければ、医師としての最低の道徳基準に反します。 記者:何年のことですか? 黄:1994年です。 記者:ヒトの臓器移植を行った最初の年ですか? 黄:そうです。移植チームは2つに分かれています。臓器を摘出するドナー・チームと、臓器を移植するレシピエント・チームです。 記者:黄先生は? 黄:私はレシピエント・チームです。ドナー・チームに入ったことはありません。しかしどのように行なわれるのかを学び取るため、一度見学しました。この一度を体験して以来、ドナー・チームとは関わりたくないと思いました。しかし、変革の必要性は感じています」 犯罪法ではこのような行動を指す「故意の無知」という用語があります。悪事を犯した者が故意に無知であったとしても、十分な知識をもって悪事を犯した者と同様に罪があるとするものです。 黄潔夫は、どうしようもないと感じたと言っていますが、実際は、不当に入手した臓器を使う移植手術に「参加しない」ということができたはずです。黄が「ドナー・チームとは今後関わりたくない」と思ったのならば、移植をやめるべきでした。ドナー・チームからの臓器を利用しているのに、ドナー・チームとは関わっていないという観念自体が、幻想です。 臓器狩りが医師としての道徳の最低基準に反するのであれば(そして黄潔夫は認めています)、不当に入手した臓器を用いる移植手術も医師の道徳の最低基準に反するものです。不当に臓器を摘出することにも、移植医が不適切であると知りながら、あるいは故意に知らないようにしながら、移植手術を行うことにも、道徳の面では何の違いもありません。   5) 彼らの主張する正当性 国外の移植医のホストは医師としての同僚であり、敬意を払って招き返すべきである。 私の見解 移植医と臓器移植濫用の調査者が、中国での臓器移植濫用問題を提起することで、異なる専門家が異なる視点を交換できます。 私は移植技術の知識があるふりはしません。たとえ許可されても、手術室に入って移植手術を試みようとは夢にも思いません。試そうとしたら手術はめちゃくちゃになり、患者の生命を危機にさらすことでしょう。しかし、私は人権侵害全般、そして特に中国での人権侵害問題の扱いに幅広い経験を備えています 人権は全人類に属する権利です。この権利は全ての人々が主張すべきものです。しかしながら、人権には専門知識というものがあります。国際人権法の知識、人権侵害者の言説・行動パターンの熟知、歴史からの教訓などです。人権の専門知識や経験のない者が人権について知っていると思い人権問題を率いることは、私を手術室に入れた場合に生命が危険にさらされるように、危険なことです。   6) 彼らの主張する正当性 国外の移植医のホスト・ゲストも、臓器移植濫用の調査者も、目標は同じだ。中国で処刑された者の臓器を用いることを止めることだ。 私の見解 私の目標は下記の三点において、ここで提示された目標を超えるものです。…