声明文

中国での強制臓器収奪に関する声明書 2017年
人権のためのラウル・ワレンバーク・センター

中国で最も弱者のグループを特定して標的にする国家認定の臓器収奪(法輪功が特に抜きん出た犠牲者)は人権、法規、中国の国際協定の義務に対する、動かしがたい不法行為である。この行為は、人道に対する犯罪から構成されている。国際社会は、この犯罪に取り組み糺す共同責任がある。

特に国際社会に下記を求める:

1 中国での良心の囚人を対象とした強制臓器収奪を公に認め譴責する

2 合意のない良心の囚人から国家認定のもとで臓器を収奪する状況を詳細に分析する

3  全ての囚人、特に良心の囚人からの強制臓器収奪に関して中国に透明性のあるデータを要求する。

4 強制臓器収奪が停止されたという明確で強制力のある証拠を求めることを通して、これまで侵害した行為に対して中国の責任を求める

5 精神修養の法輪功に対する迫害を停止・断念し、現在中国で拘束されている、全ての法輪功学習者と良心の囚人を即座に釈放することを要求する。

原文:http://endorganpillaging.org/raoul-wallenberg-centre-human-rights-public-statement-forced-organ-harvesting-china/

ラウル・ワレンバーク・センター創設者の詳細:http://jp.endorganpillaging.org/advisory/