倫理基準と中国での臓器移植濫用

    倫理基準と中国での臓器移植濫用 (2016年4月15日、アリゾナ大学医学部 生命倫理・医療人文学科での プレゼンテーションを改訂した所見) デービッド・マタス   中国での臓器移植濫用に該当する証拠をすべて確認し、情報に基づいた結論を導くことは、時間のかかる作業であり、この問題に関心を抱く者全てがこのような作業に携わることを期待することは現実的ではない。しかし、時間もなくこの問題の解決に傾倒しない者は、何もしなくてもよいというわけではない。   良心の囚人、主に法輪功の煉功に基づく精神修養を行う人々が臓器のために殺害されていることを、ここで私が示す義務はない。移植の臓器源を説明する必要はない。中国が法輪功から臓器を収奪している事実は明白だからだ。   臓器のために法輪功が殺害されているという、私や他の調査者が出した結論は、数字だけに基づくものではない。あらゆる証拠をすべて突き合わせ、数多くの追跡された証拠に基づいて導き出された結論である。   この結論が出された基盤の1つとして、法的にも倫理的にも、濫用の予防措置が中国にも国外にも存在しないという事実がある。中国は、臓器の販売、看守による囚人の非人間化が生み出す大量の臓器源から大金を儲けているが、この非倫理的な行動を予防する措置はない。これらの要素の組み合わせが、移植濫用の温床を生み出した。   臓器のために法輪功が殺害されていることを結論づけた2006年のデービッド・キルガーと私の報告書の発表以来、医療界では、国際的にも、また様々な国の中でも、国外で中国の移植濫用の共犯とならないように倫理基準が導入されてきた。これらの基準はアリゾナ州や他の地区でもより包括的に採択されるべきである。   ここでは法規でなく医療倫理基準のみを取り上げる。議会が倫理基準を法規化した国もある。法の制定は必要不可欠であるが、移植濫用の予防措置は立法者のみに任せてはおけない。倫理基準は医師の責務であり、法の有無に関わらず、これらの基準を採用し施行すべきである。   参照すべき国際基準として、下記の医療基準が挙げられる:   ・国際移植学会の使命(Mission Statement) ・国際移植学会倫理委員会方針声明(Policy Statement)―中国臓器移植プログラム(2006年11月付け) ・臓器売買および移植ツーリズムに関するイスタンブール宣言(2008年5月付け) ・世界保健機関(WHO)人の細胞・組織・臓器の移植に関する指針(2008年5月付け) ・世界医師会(WMA)臓器・組織提供に関する声明(2012年10月)   国家レベルで下記の基準が挙げられる: ・香港:香港で登録された医師のための行動規範の指導要綱、香港医務委員会(2000年11月改訂) ・台湾:国外での台湾人のための臓器移植手術の仲買業に関する医師・その他の医療スタッフのための倫理基準(2006年8月) ・オーストラリア:中国人の外科医に対する移植手術技術養成に関する主要移植病院の指針(クイーンズランド2006年12月;ニューサウスウェールズ2013年1月) ・カナダ:臓器売買と移植ツーリズムに関するカナダ移植学会、カナダ腎臓学会の指針声明(2010年10月)[1] ・マレーシア:商業ベースで渡航移植したマレーシア人に対する官営病院からの免疫抑制剤供給に関する方針(2011年10月)   上記より、35の倫理に関する理念を抜き出した。これらの指針は、地区、地域、国家、国際すべての医療機関が採用すべきだ。アリゾナの移植医にはこれらの倫理を採用し、国家レベル、国際レベルでも採用されるようにはたらきかけて欲しい。     政策・指針に関して   1. 国家、地域の医療機関や学会全てが、囚人からの臓器源の点も盛り込んだ、臨床移植手術に関する倫理指針を書面として発展させる必要がある(国際移植学会の指針)。アリゾナの医療局には現在このような指針は存在しないが、設けるべきである。     臓器源に関して   2. 囚人からの臓器または組織の摘出において、そのような摘出、共犯がなされるべきではない。(国際移植学会、世界医師会)     移植ツーリズムに関して   イスタンブール宣言には下記の定義がある:…