テレビ朝鮮の調査記者へのインタビュー

テレビ朝鮮の調査記者へのインタビュー   2018年6月3日   今月初め、DAFOHは韓国の新しい放送局「テレビ朝鮮」の制作者2名にインタビューする機会に恵まれた。昨秋、同局は、今なお続く、中国での臓器移植濫用を露呈するドキュメンタリーを放映。架空の親戚のために臓器を購入するふりをして、調査チームが中国本土に乗り込んだ。年間数千件の海外からの渡航移植を監視するある著名な病院で、整備された移植斡旋の有様を実録。ドキュメンタリーのライターShin Duho(左)とディレクターKim Hyeoncheol(右)に体験を尋ねた。    1. DAFOH:このドキュメンタリーを制作することになった発端は?   Kim Hyeoncheol:「ドキュメンタリーの制作者として、番組のトピックを見つける必要があります。時には新しい記事を検索します。オンラインのニュース記事が、国際移植学会で発表された韓国の移植医の論文を促進していました。新聞社は、ウェブサイトに載せるだけの重要な報道として、この論文を促進したのだと読みました。ただ、韓国人の中国への渡航移植者数は過少されていると思いました。2016年はわずか1名ということでした。年間少なくとも1000人というのは公然とした秘密です。この数を確認するには実際に目で確かめるしかありません。そこで、患者の代わりに中国に行きドキュメンタリーを制作することに決めました。中国の病院の訪問日に、韓国人の三家族を見かけました」   調査のきっかけとなったニュース記事。(英訳文から下記に翻訳) 「この調査により、2000年から2016年の韓国人の海外での臓器売買があることが、初めて確認された。   韓国人による海外での臓器売買は2005年の508人から2016年の1人に減少。2000年から2016年にかけての年間平均は130人である。論文の執筆者であるAhn, Hyung, Joon, MD, PhDは、2000年から2016年にかけて、臓器移植患者2,206人(国内の19.5%にあたる)を診た42軒の(韓国の)主要病院を調査した。このうち2,147人が中国から、33人が米国、10人がフィリピン、4人がシンガポール、4人がインドから臓器移植を受けていた。」    2. DAFOH:ドキュメンタリー制作にあたって困難だったことは? 恐れはありましたか?   Kim Hyeoncheol:「限られた時間と予算内で、通訳、連絡、準備をしてくれる調整役を見つけることが最も難しかったです。この問題のために調整する仕事は皆に断られました。危険すぎるから諦めるようにと勧められました。協力的な患者が自分のカルテを渡してくれ、自分が治療をうけた中国の病院に行くように招いてくれていましたが、ほとんど諦めかけました。しかし、出発の1週間前にこの訪問の調整役になろうという人が現れました。突然現れたので、時折大丈夫かなとこの調整役を疑ったりもしました」   Shin Duho:「危険を恐れたことはありません。調査ドキュメンタリーを制作する上で、ドキュメンタリーチームに常に危険は伴います。映像を制作するために十分な協力を情報源から得られず、締切に直面します。ですからメールでこのドキュメンタリー制作に協力してもらえるよう、DAFOHに要請したのです。周到に準備をし、中国の病院と研究センターでインタビューするために多くの創造的なアプローチをとる必要がありました」    3. DAFOH:ドキュメンタリーの反応は? 特に中国から来た人々は?   Shin Duho:「率直に言って、多くの韓国人は、中国での臓器源を個人的に疑問に思っています。韓国人には、臓器は非倫理的に摘出されたものだということは容易に受け入れられます。韓国は中国人を軽視する国の1つなので、臓器源を無視したり、まともな臓器源ではないだろうと思うことは容易です。朝鮮戦争の経験から、多くの韓国人は共産党政権の残酷さを感じており、「国家の敵」と宣言する者から腎臓、心臓、肝臓、膵臓を摘出することは中国共産党国家の典型的な行動だと受け止めています」   「ドキュメンタリー放映後、韓国移植協会のDr Haが、天津市議会の議員にこの問題について訴えました。議員はこの映像は最近のものでなく昔のものであると主張したので、法廷に持ち込まれました。ドキュメンタリーに収録されている中国へ持ち込んだチャート内の血液検査の記録などの証拠を通して、映像は最近収録されたものであると証明する必要がありました。韓国移植協会は2020年に世界大会を開催します。韓国移植協会にとってとても大切なことです。この法廷の件を公にすることが可能であるかは分かりません。最近のドキュメンタリーであることの証拠を求めたDr Haに聞いてください」    4. DAFOH:韓国人医師の反応に驚かれましたか?   Kim Hyeoncheol:「ドキュメンタリーでインタビューした医師からの質問にはすぐに答えられませんでした。あなた自身、移植が必要だったらどうしますか?と聞いてきたのです。ともあれ、正しい情報、臓器源、中国での臓器移植ビジネスを知った上で、視聴者にはより深く考えてもらいたいのです」    5. DAFOH:韓国政府が停止するための行動をほとんどとっていないことに驚かれましたか?   Kim Hyeoncheol:「韓国政府はこの状況についてほんの少ししか知りません。多くの緊急課題を抱えているからです。現政権の最後の時期に取り上げられるのではないでしょうか。複雑な問題で、個人的に繊細な部分も存在します。三年間に3,000人の韓国人が臓器のために中国に行ったという報告書もあります。可能かと思います。例えば、天津病院での韓国の患者の情報を中国で得ました。絶対にインタビューをとろうと思っていたら、さらに3家族もいました。統計のように中国に渡航移植する韓国人が年間1人であるはずがありません。現状を目撃しました。ご自身でも中国に行けば、我々のように真実が分かります」…