強制臓器収奪に関する英国議会でのラウンドテーブル:イーサン・ガットマン

強制臓器収奪に関する英国議会でのラウンドテーブル:イーサン・ガットマン
 

2度めのラウンドテーブルの会合が2018年4月17日(火)に英国議会の会議室で行われました。中国での強制臓器収奪の認識を高めるための会合で、英国国会のジム・シャノン議員とフィオナ・ブルース議員が共同で開催しました。

この会合では、中国での強制臓器収奪に関する証拠が提示され、この行為を防ぐことに貢献するために英国政府が取れる措置について、専門家らが話し合いました。

スピーカー(敬称略):デービッド・キルガー、ベネディクト・ロジャース、イーサン・ガットマン、エンヴァー・トフティ、アンディー・ムーディー、アドナン・シャリフ医師、サイモン・グロス、ゼック・ハル

 

 

以下はイーサン・ガットマン氏のスピーチです。

(ルキエ・ターダッシュとベッキー・ジェームズに特別にお礼を申し上げます)

 

中国政府が臓器移植のための政治犯・宗教犯からの臓器収奪を停止したという疑惑を調査しました。中国政府が収奪停止することは論理的であり、彼らの言葉もその論理に従うものですが、中国の臓器移植件数は安定しています。中国の自主的ドナー数を合わせても、中国での移植件数には及びません。また、中国が新疆のウイグル人一人ひとりから血液とDNAサンプルを採取していることにも言及しました。移植手術に必要な組織結合のために利用できる試料です。

 

それでは2018年ではどう進展したでしょうか?

 

1700万人のウイグル人を対象とした血液検査は完了しました。バチカンは中国政権との親善回復へと少しずつ動いています。ソロンド司教は、「教会、国連、地上の人々は 人口13億、3100万人のキリスト教を抱える国家の進化に従うべきです」。中国は「大西洋から太平洋を貫く新世界のシナリオを主唱する」ようだ、と語っています。

 

つまり、教会の取り壊し、大量虐殺など、中国政府が今、何をしていても問題はない。バチカンは大物と手を携えたい、中国政府は強行の摂理がほしい、というわけです。

 

この2つの機関が必要とする新たな展開がありました。ウイグル人の大量投獄です。

 

ここに参席している法輪功学習者には馴染みのあることかと思います。ここがポイントです。中国公安局はウイグル人と法輪功学習者を移植手術の実験台に使ってきました。

 

生体からの臓器摘出だけでなく、良心の受刑者からの臓器収奪は、1990年代半ばから始まりました。手続きが完備され、法輪功を利用して大量生産されたのです。2001年、中国公安局は「やらせ」の天安門焼身事件を生み出し、法輪功殺害の口実としました。13年後、ウイグル人「テロリスト」による昆明駅での事件が起りました。事実は明確ではありません。欧米メディアはすべて、真偽を問うかのようにテロリストにカギカッコを付けて報道しましたが、最終的にCNNは中国政府の圧力に屈しました。5年ほど前、公安局はDNAサンプルを法輪功学習者の家で採取し始めました。現在はウイグル人全てに及びました。中国政府は中国のビッグブラザー(全体主義国家による監視)サイトを作り、法輪功を捕獲しました。しかし、このデータ分析に用いられた本格的な完全監視は、新疆の砂漠で開花したのです。

 

2000年から2008年にかけてのいずれの時期においても、労働改造制度内で45万から100万人の法輪功学習者が常に投獄されていたと私は算出しました。現在、米国の「中国問題に関する連邦議会・行政府委員会」は、50万人から100万人のウイグル人が「再教育」のための収容所、つまり「転向」施設に拘束されていることを認証しています。法輪功学習者の難民には、この意味が十分、理解できるかと思います。

 

この数字はどのように算出されたのでしょうか? 中国からの情報を合わせて割り出されました。中国当局は、ウイグルの人口を1200万人としています。ウイグル人は1700万人と推定しています。ラジオ・フリー・アジアおよびAP通信によると、現地の公安局は逮捕者数を誇張する傾向にあります。ウイグル北部の人口の10%が拘束されています。ホータン地区の40%と、カシュガル地区の10%です。これで100万人は優に超えます。しかし、不確実性も考慮しましょう。週末のみの拘束かもしれませんし20年の受刑かもしれません。グローブ&メール紙のネイザン・ヴァンダークリップが逮捕されて以来、欧米のジャーナリストは新疆自治区への取材を避けています。インターネットも封鎖されている環境で、学者、政治家、諜報者のコミュニティーでは、私も含めて、この50万人から100万人が最も妥当だとしています。

 

これらの数の背後には悲劇があります。カシュガル・コナ・シェハー郡ブラクス(Bullaqsu)の町では「ほとんど男性が見受けられません」。発端は、4年前に警官が二人の女性のスカーフを取ったことにあります。約200名のウイグル人が、警官による女性の逮捕を止めました。そのため、公安局は逮捕者数を4倍にし、男性全てを収容所に投げ込んだのです。

 

拘束中の死亡のケースもご紹介しましょう。87歳の男性が1年間拘束され、特殊なヘルメットから絶え間なく音声による拷問を受けました、睡眠と水も剥奪されました。公安局に釈放され、すぐに亡くなりました。私の著書「The Slaughter」をお読みになった方、明慧ネット(minghui.com)の多くの迫害の記録からも、同じパターンが繰り返されていることをご理解いただけると思います。死の直前に釈放するのです。「猿を怖がらせるため鶏を殺す」手法です。

 

さらに屈辱があります。モスクは監視され、閉鎖され、破壊されました。公共の場でのイスラム教の祈祷は抑圧されました。代わりに愛国の歌を唄うことを義務付けられています。イマーム(イスラム教の導師)は、「リトル・アップル」の曲の踊りを強いられ、学生はラマダンの期間中に食事を強制され、ウイグル人の受刑者は酒を飲み豚肉を食べさせられています。特に豚の頭、足、内臓です。

 

イスラム恐怖症による想像の世界が、ウイグルの現状なのです。龍山労働教養所に拘束されている家族に会いに行くために、李洪志先生のポスターを踏みつけなければならない法輪功学習者は、このいわれない屈辱を熟知しています。人間の尊厳に対する冒涜であり、あらゆる拷問のなかで最悪と言えましょう。

 

英国外務省が耳を傾けているのなら、敢えて申し上げます。臓器収奪、迫害の理由について質問すべき時期にあります。また、同じことが繰り返されているのですから。

 

米国下院議会と欧州議会は、良心の受刑者からの臓器収奪に関して中国政府を公に譴責しました。歯車を再び作り直す必要はありません。大きな国家や「新しい世界のシナリオ」も要りません。同盟国と共に、公に明確に中国政府を譴責する必要があります。

 

英国議会 強制臓器収奪についてのラウンドテーブル 第1回 ― 2017年12月

2017年12月13日 英国議会
強制臓器収奪に関するラウンドテーブルでの
イーサン・ガットマンの所見
 

1980年代初め、冷戦の緊張感が張り詰める中、私が大学院で核兵器について研究していた時、故ワーナー・シリング指導教授がこう言いました。「実際に目にすることがあっても、ソ連は我々の望む形では認識されないだろう。この事実に私は屈する」

 

私はこの言葉を忘れられません。猜疑心に満ちた者に囲まれながらも、私はゴルバチョフが真の改革者であるという見解を早くから抱きました。マーガレット・サッチャーとロナルド・レーガンにも同様の見解を抱きました。現在進行中の改革を認識するという、知的な挑戦は、今日も重要です。そして「信じよ。しかし確証をとれ」というレーガンの言葉も重要です。

 

2015年1月1日、中国の移植改革のスポークスマン黄潔夫は「囚人からの臓器収奪は終結した」と発表しました。しかし2016年6月、キルガー氏、マタス氏と私が共同で発表した「最新報告書」では、中国での移植手術件数は、党が主張する1万人ではなく少なくとも6万人だということが証明されています。その大規模な臓器の調達源は法輪功学習者、ウイグル人、チベット人、中国家庭教会の一部の信者であることが示唆され、警鐘を鳴らしました。メディア報道で取り上げられ、英国下院議会と欧州議会の両方で決議案が通過し、英国保守党の人権報告書では中国に焦点をあてた「The Darkest Moment(暗黒の瞬間)」を発表するなど、ことの緊急性を反映する動きが次々と出ました。

 

これを受けて中国共産党は、再び問題の焦点をずらし、前年、中国の移植システムを改革したと新たに主張しています。一例を挙げましょう。中国の医療機関は、機密データベースを参照し、中国での免疫抑制薬の消費量から移植件数は年間1万件と裏付けられるとしています。これはワシントン・ポスト紙の記者の申し立てと酷似しています。しかしそのデータベースに機密性はありません。このデータベースは、数年前に日本の移植件数(年間約2000件)が中国を上回ったとするものです。

 

これは馬鹿げた主張です。もっと深刻な主張を考察させてください。

 

まず、移植学会の元会長ジェレミー・チャップマン医師は「中国には大きな変化があり、正しい方向に進んでいる」と言及しています。

 

チャップマン医師は間違えるかもしれませんが嘘はつきません。私にも他の人にも、そして特に中国人に、率直で正直であることに誇りを抱く人物です。もしチャップマン医師が変化を認めるようならば、我々も深刻に受け止めるべきです。

 

そして二つ目に、中国では自主的ドナーはリンクとアプリを使い登録することができるという黄潔夫の言葉です。23万人以上が登録済みだと主張しました。

 

黄潔夫は嘘をつきます。黄は2014年末から2015年初頭にかけて、中国のメディアでは囚人は「自発的に」臓器を寄付することができると語り、国際メディアではその真逆を語りました。黄には、守るべき既得権益と履歴があります。自分の管理下で5000件の肝移植と囚人の実験的手術を行ったのです。しかし、私は常識的判断から、黄の発言も真剣に受け止めます。2016年に中国は我々の提示する疑惑を論破できませんでした。中国の医療機関は移植制度を早急に改革すべきだというのが、彼らを支配する論理でしょう。

 

しかし我々には二つのかみ合わない証拠があります。

 

一つ目は、昨年の中国全土の病院への電話調査に基づく法輪功迫害調査国際組織(WOIPFG)による最近の報告書で、二つのパターンが読み取れます。1) 地方レベルで臓器移植件数が減少した兆しはない。2) 中国の病院の管理職員は臓器源に関しては一切話さない(話すとしても厳しく命令されていることを説明するだけ)。明らかに、自発的臓器提供で溢れるシステムの姿ではありません。

 

第二の証拠は人権擁護団体ヒューマン・ライツ・ウォッチのものです。(数年前、最初に法輪功学習者に対し行われた)包括的な血液・DNA検査が行われたことが昨年明らかになりました。新疆の全てのウイグル人、女性、子供を対象とするものです。この検査は90パーセント達成しています。DNAサンプルや血液検査には監視を含む様々な用途があります。しかし(移植手術用の)組織適合にも用いることが可能です。1500万人のウイグル人が危険にさらされています。

 

我々、そして国際移植学会、世界保健機関(WHO)、バチカンは、確証の手続きが許されていない中国の改革を信じることができるでしょうか? できません。英国議会は英国のプロジェクト(たとえば、大連で臓器収奪センターを含む医療都市を建設しようとするTFPライダーヘルスケアのプロジェクト)を、少なくとも凍結する必要があります。

 

まとめとして、臓器収奪の現状に関してのみ指摘させてください。中国共産党が望む過去を抹殺する戦略を注視しています。中国が確証の手続きを制限していることに対しても妄想を抱いてはなりません。

 

英国議会には、中国共産党の大量殺人を黙認する権限はありません。国際移植学会や世界保健機関、バチカンにもありません。この問題に対する権限があるのは中国にいる犠牲者の家族だけです。彼らの発言が許されるまで、英国議会は人道に反する犯罪に加担することを避けなければなりません。

 

イーサン・ガットマン 2017年ノーベル平和賞候補に

EOP/プレスリリース
調査追求のジャーナリズムと良き中国への擁護を称え、イーサン・ガットマンが2017年ノーベル平和賞候補に
ガットマンは、著書『新中国を失う』(2004年)で中国国家が管理するインターネットの構築における米企業の「共謀」を暴露。ヤフー、マイクロソフト、グーグル、シスコ・システムズの法的代表者が米連邦議会で尋問を受ける起因の一部となった。デービッド・マタスとデービッド・キルガーの最初の報告書『戦慄の臓器狩り』(2006年)発表の後、中国国家が後援する法輪功からの臓器収奪に関する独自の調査を開始。100名以上の難民、医師、法規の施行にあたった職員などを6年にわたり面接調査する。『ザ・スローター』(2014年)では、実際に臓器収奪に関わった医師や、法輪功の臓器を利用する中国本土の病院と連絡をとった数名の医師の証言が収録されている。法輪功の「市販できる臓器のみ」を検査するパターンを記録したガットマンは、チベット、ウイグル、家庭教会でも同様の身体検査がおこなわれてきた事実を確立。

2006年、中国の医療機関は、中国の移植手術は死刑囚の臓器に依存していることを認めたが、宗教犯・政治犯の臓器利用は常に否定してきた。2015年までには、中国は自発的ドナーによる臓器だけに依存していると主張。しかし、2016年夏、キルガー、マタス、ガットマンは、中国の臓器移植件数が中国の公式な推定値の6~10倍であることを示す報告書を発表。ガットマンはワシントン、ロンドン、ブリュッセルでの証言に招かれ、同時に米下院、欧州議会では決議案を通して、中国が良心の受刑者から臓器を収奪していることを明確に譴責した。ニューヨーク・タイムズ、CNN、ロンドン・タイムズは、この問題を初めて報道し、改革を唱える中国の公式な発表を支持してきた国際移植学会などの国際的な医療機関が、中国の医療制度は世界を「蒼白にさせた」と公式に発表。2016年末までには中国政権は議論に負けたこととなる。

イーサン・ガットマンは、資金を与えてくれた全米民主主義基金(NED)、イアハート基金、ペダー・ウォレンバーグ家と、リサーチ・アシスタントを務めたリーシャイ・レミッシュ氏とジャヤ・ギブソン氏に謝意を表する。また「強制臓器摘出に反対する医師団」(DAFOH)、「中国での臓器収奪停止EOP国際ネットワーク」、世界キリスト教連帯のベネディクト・ロジャーズ氏、大紀元のマシュー・ロバートソン氏、女優でミスカナダのアナスタシア・リン氏からの貴重な支援に謝意を表する。そして身の危険をさらして真実を明るみにしてくれた世界中の勇気ある証言者に謝意を表する。