オーストラリアの人権弁護団による立場声明

オーストラリアの人権弁護団によるヒトの臓器の闇売買と移植ツーリズムに関する立場声明
 

1. オーストラリアの人権弁護団(ALHR)は、あらゆる形態の臓器売買による深刻な人権侵害を非難します。これには、合意のない人、特に囚人及び良心の囚人から、国家の認定下で系統的に強制的に臓器を収奪し闇売買することが含まれます。

2. ALHRは、違法なヒトの組織・臓器の闇売買と移植ツーリズムによる年間数千人に及ぶ犠牲者の人権を保護するための国内法の改正と国際的な措置の必要性を強く支持します。

3. 人権侵害を防ぎ、国外での違法行為への従事から全てのオーストラリア人を守るため、ALHRはオーストラリア政府に対し以下を要求します。
a. 臓器の闇売買行為に対して治外法権が適用されるようオーストラリア連邦刑法を改正する
b. 「ヒトの臓器の闇売買に反対する欧州評議会協約」への同意
c. 「拷問・その他の残虐で非人道的/下劣な扱いや処罰に反対する協約」の選択議定書の批准
d. 渡航移植の必要を防ぐため、オーストラリア国内の臓器および人の組織の提供率を高める
4. ALHRは、国際的な臓器移植犯罪の減少と多くの人命を救う目的で、国際的な臓器売買と国内外の渡航移植分野における重要な法改革を行う上で、オーストラリアは優位な立場にあると確信しています。

5. ALHRはこのような凶悪犯罪を撲滅し、迫害、拷問、臓器のための法的に認められない殺害の何千人もの犠牲者の人権を保護するため、オーストラリアでの法改革を支援しています。このような迫害は、人道に対する罪であり、オーストラリアはこのような犯罪を停止するために最大限の努力を払う必要があります。

2017年9月

ALHR:臓器の闇売買に関する立場表明(2017年)

 

ALHRとは

1993年設立。オーストラリアで国際人権法に従事し促進する事務弁護士、法廷弁護士、学者、司法官、法学部生800人以上から構成される全国的なネットワークです。ALHRは、国家や州立の委員会、国家レベルの専門委員会に精力的に従事しています。

ALHRは、オーストラリアでの国際人権法の原則と実践において、下記の目的のために幅広い経験と専門知識を活用するよう努力しています。
・オーストラリア国内での弁護士による人権法の実践を促進・支援
・国際人権法の原則を遵守するオーストラリア全域での連邦法及び州法の促進
・オーストラリアでの人権侵害に関して国連に積極的に関与
・人権法・法の原則の国際的な促進に従事
研修、教育、出版、CLE(継続的法学教育)課程、会議、セミナー、メントーリングを通じて、ALHRの会員が人権法の知識を深め、人権法の理念をオーストラリアにおける法の実践に取り入れていくよう支援します。

alhr.org.au