宣言と決議

2016年-米議会:中国問題執行委員会(CECC)の年次報告書

  • 米議会中国問題執行委員会(CECC)の最新報告で、透明性を高め、普遍的な基準を厳守し、法の支配を発展させるように、米国の議会と行政が中国政府に対して圧力をかけていくよう勧告。

2016年7月-欧州議会:宣言書

  • 欧州議会手続き規定136項に基づき、中国での良心の受刑者からの臓器収奪停止に関する宣言書を通過。

2016年6月-米下院:343号を満場一致で可決

  • (決議案の日本語訳)中華人民共和国政府と中国共産党に対して、あらゆる「良心の囚人」から臓器を収奪する行為を即座に停止するよう要求。

2014年11月-中国での強制臓器収奪を譴責する決議案可決

  • カナダの外務・国際開発に関する国際人権常務委員会の小委員会で通過。

2014年10月-ペンシルバニア州議会で決議案1052号を通過

  • 中華人民共和国が、良心の受刑者、特に法輪功修煉者から臓器を強制的に収奪する行為を即座に停止することを要求。

2014年3月-イタリア:人権に関する元老院委員会 決議案を通過

  • 中国共産党が数万人の囚人から臓器を収奪したことを宣言し、イタリア政府がこの行為に対して幅広く措置をとることを要求。

2014年2月-イリノイ州下院議会 決議案0730を通過

  • 強制臓器収奪を譴責し、米国政府および米国大統領が、中国での臓器移植を調査し、生きている法輪功修練者から移植のために臓器を収奪するという忌まわしい行為を停止するための適切なあらゆる措置を取ることを緊急に促す。

2013年12月-中国での臓器収奪に関する欧州決議案通過

  • 日本語訳)中国政府が良心の囚人、宗教団体、少数民族から臓器を収奪する行為を即座に停止することを要求。

公聴会と証言

2016年6月-臓器収奪:残虐行為の考察

  • 米国議会外務委員会で行われた公聴会

2016年6月-英国議会での保守党人権委員会による公聴会


  • 新しい報告書で、中国でのこれまでにない人権侵害に焦点をあてた、英国政府の中国に対する政策の見直しを要求。

2013年2月-国際人権に関するカナダ小委員会

  • 外務・国際開発に関する常務委員会の公聴会



2013年1月-欧州議会公聴会「中国による宗教の迫害:恐怖の物語」 


  • 人権・民主主義のための欧州議会および代表なき国家民族機構(UNPO)副議長のエドワード・マクミラン=スコット氏(欧州自由民主同盟)が、ベルギーのブリュッセルにおける欧州議会で中国での宗教迫害に関するセミナーを召集。

2012年12月-米議会中国問題執行委員会(CECC)による公聴会「中国における法輪功:見直しと最新情報」

  • 中国および精神修養法である法輪功の専門家から構成されるパネリストによる公聴会。中国政府と中国共産党による法輪功の迫害を見直し、委員会のメンバーと一般の参席者に最近の動向についての情報を提供。

2012年11月-外交委員会への証言

  • 
中国共産党政権による宗教犯、政治犯からの臓器収奪

2012年9月-米国下院外交委員会での公聴会

  • 中国共産党による宗教犯、政治犯からの臓器収奪

動議と声明

2016年2月-動議「中国:臓器収奪」オーストラリア上院でのプレゼンテーション 


  • 中華人民共和国での囚人からの臓器収奪行為に関する絶えない懸念、およびその他のアジア、ヨーロッパ地域における違法な臓器収奪の疑惑について。

2014 年7月-オーストラリア上院の強制臓器収奪に関する声明


  • 中国を含む各国での強制臓器収奪の行為を記録することはいかなる状況でも無視してはならない。

2013年3月-オーストラリア上院が、外交—中国—臓器収奪の動議を可決