政治犯、思想犯として政府が自国民を殺害することは、これまでにもありました。しかし、このような形の殺害はありませんでした。
大量殺人は世界でも起こっていることであり、必ずしも人々の目は向けられません。しかし、今回の虐殺が広く報道されていないのは、経済的な影響からなのでしょうか?
この新しいドキュメンタリーは、中国が受刑者の生体・死体から臓器を摘出し、巨大な闇市場で売買しているという主張を考察します。

ノーベル平和賞候補のデービッド・マタス氏とデービッド・キルガー氏が中国での臓器売買を調査し、世界でも最悪の人道に対する犯罪を暴露していきます。何万人もの無実の人々がオンデマンドで殺害され、違法の臓器移植業界に供給され続けていることを示唆する証拠が明らかにされます。

「人狩り」(2014年)でピーボディー賞獲得の監督による釘付けになるようなスリラー映画。事実に基づく話です。
若手のハイテク企業トップの西洋人が突然心不全に陥り、不明のドナーから心臓移植を受けます。自分の手術の背後の恐ろしい真実を知り、罪を贖おうと次の犠牲者を助けるために命をかけます。

腎移植のため中国に行くことを決めた男性の話。行方不明の法輪功修煉者が臓器のために殺害され、その臓器は国外の移植ツーリストに大金で売られているという申し立てに基づく。2000~2008年の期間、利潤の高い臓器のために、62,000人の平穏な修煉者が中国全域の病院で殺害されている。

『血まみれの臓器狩り:法輪功修煉者の殺害』を著したノーベル平和賞候補デービッド・マタス氏の努力を制作者マシャ・サヴィッツが密着取材。デービッド・マタス氏、デービッド・キルガー氏、法輪功修煉者で迫害に逢った犠牲者、恐ろしい移植手術の証言をする数名の医師、中国共産党によりカナダ・欧州・米国でこの題材の自作映画を事実上、押しつぶされた映画製作者など、驚くべき事実を提示します。

『臓器のための殺人:中国の国家による極秘移植ビジネス』は、中国での非倫理的な臓器収奪行為を取り扱った新しいドキュメンタリー。この行為そのものだけでなく、世界が何をしていくのかも提起します。
ここ数年、この非倫理的な行為を停止させるよう要求するフロントランナーに医師の姿が見られるようになりました。

北京に住む一人の女性とニューヨークに住む一人の男性の運命が、同じ信念の絆から大局的に交差していく、勇気と自由のストーリー。
『フリーチャイナ:信じる勇気』は、母であり元中国共産党員でもあったジェニファー・ゼンが自己の体験を語ります。ジェニファーは中国政府が禁止するまで、7000万人と共に佛家功と道家功を合わせた信念を生活に採り入れていました。